• HOME
  • > 土地家屋調査士

土地家屋調査士

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士とは、昭和25年7月31日法律第228号「土地家屋調査士法」により創設された法務省が監督官庁の国家資格です。

皆様の大切な財産である土地や建物は、法務局で登記(不動産登記)することによってその権利が保全されます。
不動産登記は大きく分けて二つの種類があります。
一つは「表示に関する登記」。
もう一つは「権利に関する登記」です。

不動産に関する所有権や抵当権は「権利に関する登記」であり、司法書士が行ないます。
私たち土地家屋調査士は「表示に関する登記」を担います。
これは、その土地や建物がどこにあって、どのような形をして、どれ位の大きさで、どのような用途で使われているのかなどを明確にするための登記です。

私たち土地家屋調査士は、これらを明確にするため、調査、測量を実施し、図面の作成、申請の手続きを行なう測量及び法律の専門家なのです。

土地家屋調査士の関わり

具体的に、私たちがどういう場面でお手伝いをさせていただくのか、以下の事例を基にご紹介します。

土地を買って家を建てる場合

土地を買う
土地家屋調査士
土地の境界を確認し境界確定図や地積測量図を作成します。



他の資格者
  • ・宅地建物取引主任者/売り買いの仲介をします。
  • ・不動産鑑定士/適正価格を計算します。
  • ・行政書士/役所への提出書類を作ります。
  • ・税理士/税金を計算します。
  • ・司法書士/売買による移転の登記をします。
建物を建てる
土地家屋調査士
建物の形状、大きさ、用途を図面を作って表題登記をします。
他の資格者
  • ・建築士/建物の設計などをします。
  • ・司法書士/保存・担当権設定登記をします。

よく似た資格者

測量士 その名の通り測量のプロです。ただ、どちらかというと広い範囲(町全体や山全体など)を測量します。 境界を確定したり、登記をするための測量は土地家屋調査士が行います。
司法書士 権利関係(所有権や抵当権など)の登記を行います。
その前段階として、対象となる土地や建物の所在や面積、用途などの登記(表題登記)を土地家屋調査士が行います。
不動産鑑定士 土地や建物の適正価格を算出します。測量や登記手続などは土地家屋調査士が行います。

ページトップへ

村田登記測量事務所
村田登記測量事務所